ルーツは戦国にある、のぼり

発祥は平安時代。戦国時代に今の形になりました

のぼりのルーツと今を知る

ルーツは戦国にある、のぼり

街を歩いていて、のぼりを見かけないところはありません。

駅前から商店街、スーパーの店頭などの屋外から施設内の飲食店やゲームコーナーなど。

ありとあらゆるところでのぼりがはためく現代です。

今はこのように極めて平和的に使われるのぼりですが、そもそものルーツは平安時代から戦国時代にかけて、いわゆる軍旗の一つとして使われたことが始まりです。

よく、戦国武将などが戦場でのぼりを掲げて攻めこんでいく映像を見かけますよね。

最初は、今のような逆L字型ではなく、長方形の上辺に一本竿を通し、中央から吊った「流れ旗」が主流だったのです。

これは、よくこどもの日のお飾りなんかで見かけると思います。

今の形になったのは、同族間での争いが多くなった際に同じ家紋の流れ旗が入り乱れ、自軍と敵軍の見分けがつかないことから今の形式にしたらいいのではないか、と言うことで編み出された事が始まりと言われます。

また、戦場ではこの長辺と上辺を固定する方が風にはためく事を想定した場合に持ちやすく、何かと管理がしやすかったため、普及していったのではないかと言われています。

確かに、流れ旗の方がひらひらとはためいて扱いづらそうですね。

時代は翻って、現代。

えっこんなものにまでのぼりがあるの?と思うようなものもたくさんあり、大変バラエティに富んでいます。

おすすめ関連サイト

幟とは - 歴史民俗用語 Weblio辞書

“のぼり旗”設置活動~浜中学校区地域安全委員会

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) のぼりのルーツと今を知る All Rights Reserved.